MENU

妊活と高齢出産について

 

妊娠をする為に健康管理をしたり、意識的に葉酸を摂取したりする事を妊活と言います。
またそのほかにも色々な事を行う事が出来、そうして妊娠を意識した行動をとったからこそ妊娠する確率が上がったと言う人も少なくありません。

 

ただ現代社会では男女の社会進出が進んでおり、男女ともに晩婚化が進んでいます。
その為、初婚年齢が上がり、結果的に高齢出産となる人も決して珍しくありません。

 

ただ女性の体と言うのは年々変化していきます。
高齢出産と言われる頃になるとホルモンのバランス等も20代のころとは全く違っている場合もあり、結果的に妊娠に関するリスク等が高くなる場合も少なくありません。

 

勿論現代は医学が進歩しているため、少々高齢出産となったからと言って確実に高リスクでの妊娠となってしまうと言う事もありません。
妊娠中に安静にして過ごす事が出来れば、年齢をそれ程意識する必要がないと言う場合もあります。

 

ただ統計的には20代で出産に比べると、30代後半での出産の方がリスクは高くなります。
また初産なのかどうかによっても、女性の体に対する負担と言うのも大きく変わってくるので注意が必要です。

 

妊活と言うとどうしても妊娠する事ばかりがクローズアップされてしまいがちですが、実際には高齢出産となる場合のリスク、さらに体への負担を良く考え、出来るだけ安全に妊娠出産を行う事が出来るようにする事も重要となります。

 

その為、必要な場合は医師の指示等を仰ぎ、出来るだけ低リスクで行うと言う事を意識しておく必要があると言えます。

 

 

http://www.bandid8.com/

 

 

このページの先頭へ